すばるについて

【自己紹介】はじめまして。元ニートのすばるです。

古着転売 副業 ネットビジネス

当ブログの管理人のすばるです。

現在の僕は【家からほぼ出ずに収入を得る】にひたすらコミットした結果、ほぼ週休6日で妻と娘1人と、お金の事を気にする事なく楽しく毎日を過ごしています。

そんな僕もほんの少し前までは悲惨な人生を送っていました。

ニートの誕生-1日500円の屑生活-

彼女に生かされる抜けがら生活からの脱却

僕は27歳で勤めていた会社を辞め、そのままニートになりました。1年程、寝て起きてうどんかそばを食べてゲームをするかYoutubeを観るというクソみたいな生活を送っていました。同棲していた彼女(現妻)に2日に一度1000円貰い、そのお金で煙草を買っていましたね。

はい、人間の屑です。

すばる

これはまずいぞ。非常にまずい、、、

という事で友人の勤めている会社にアルバイトとして拾ってもらい、社会復帰致しました。

拾って貰った会社は中小企業でしたが毎期黒字で借り入れも無いという超優良企業で、勤めている方たちも仲が良く、ノルマも無いのでぎすぎすも無い、ゆったりとした時間が流れる素敵な会社でした。

ですが、心の奥底にくすぶる思いがありました。

家から出たくない

…ニート根性が抜け切れていなかったんですよね。なんだかんだ言って。

【自分はどう生きていきたいのか】という事を色々と考えるようになりました。ですので、最初は自分がどう生きたいかを明確化しました。

  1. 人に指図されるのは気にくわない
  2. 働かないでもお金が欲しい
  3. 家から出たくない。暑いのも寒いのも好きじゃない
  4. 楽してお金が欲しい
  5. 好きな時に大好きな温泉旅行に行きたい
  6. 出社するスーツ姿の社会人を横目にカフェで優雅に過ごしたい

こんな事ばかり考えていました。

世間一般の意見としては『世の中舐めてる』と言われると思います。ですが、僕は結構真面目に、どのようにしたら上記のような生き方が出来るのか?という考え方にシフトしていきました。

『働かないで』生きていくためには

そうだ。自販機を置こう

一番初めに思い付いたのが『自動販売機』でした。

街中のどこにでもある、飲み物を購入出来るあの機械です。

…すみません。皆さんご存じですよね。

自販機の運営については今度別の記事に書くつもりですが、取り合えず自分は自動販売機の個人運営に乗り出しました。

僕の家の目の前にいる知り合いの土地に置かせて頂ける事になったので、ネットで自動販売機本体の販売をしている業者から自動販売機を購入し、食品の卸売りをしている業者から飲料を仕入れて運営を始めました。

これ自体は大成功でした。

たまに売り切れになっている商品に飲料を補充するだけで、気づいた時にはサンド(購入された代金が入るボックス)には沢山の100円が入っている状態にすぐになれました。

投資額に対してのリターンは確かに大きかったですが、大切な事に気づきました。

すばる

生活費を稼ぐには自販機何台所有しなきゃいけないんだよ…

リターンがあると言っても何万になるわけではありません。僕が望む生活費を稼ぐには、自販機があと10台程必要でした。

安い中古を購入しましたが、それでも40万近くしました。それをあと10台。

無理。フリーターは400万も持ってない。

さらに10台設置する場所を見つけるのも無理。大手メーカーが自販機の設置場所を探すようの人材を確保しているというのに、僕のような一個人があと10か所も見つけるのはどう考えても無理でした。

自動販売機に代わる方法を模索する日々が始まりました。

店舗せどりとの出会い-新しい可能性?-

そんな折、大好きなYoutubeをバカみたいにぼけーっと眺めていた時です。

いつもは気にしない広告枠に、ある文字があるのが見えました。

『完全な初心者が初月から月利100万円達成!』

いやいや…これって「余命いくばくもありませんが、身寄りがありません。私の遺産を受け取って下さる方を探しています」みたいなメールなみに胡散臭いぞ。

そう思ったのを覚えています。

ですが、その時の僕はなぜかその動画の再生ボタンをタッチしていました。

出てきたのは店舗せどりで生計を立てている情報発信者でした。

ヤマダ電機等の家電量販店からホームセンター、ドン・キホーテなど、普段の生活圏にあるような店舗でツールを使い、どんどん利益を確定していく仕入れ動画でした。
 

すばる

は?え?なんか携帯で調べてるだけで利益一撃2万?3万?なんじゃこれすげー!!!

本当に衝撃的な出来事でした。心から興奮した事を覚えています。

この事をきっかけに様々な情報発信者の【無料動画】を見まくり、独学で店舗せどりを学んでいきました。

情報発信者の方たちが使っているアプリを入手し、Amazonのアカウントを作り、実際に店舗に仕入れに行き、AmazonのFBAに商品を入れ、価格改定ツールでなんとか売りぬき、毎月のクレジットの支払いに追われる。

せどり・転売って結局【安く買って高く売る】だけなので、店舗せどりで商品を見つけて販売する事自体は難しくありませんでした。

その時は150万位動かして利益が30万程でした。

でもそれは表面上の利益で、全然【儲かっている】という感じではなかったです。

それよりも何よりも、とにかく疲れます。心も体も。

仕入れが疲れます。行くのも面倒だし、店頭で商品をピッぴとさがしている時の他のお客さんや店員さんの視線が痛いです。店員さんも慣れてるのか、せどらーってことはこちらの動きですぐに分かるみたいですね。

折角見つけた商品を立て積みしても「こちらの商品はおひとり様1点とさせて頂きます」なんて言われたことも。勿論そんな事書いてないんですよ?でも、向こうが売る気が無いので買う事も出来ません。

せどらー・転売ヤーへの風当たりは強いです。

それにFBA倉庫への発送も疲れます。本当に面倒です。仕入れてきた全ての商品をAmazonのセラーセントラルに登録して、シールを出して、商品一つ一つに貼って…

コストコのタバスコを仕入れた時にはタバスコ100本位にシール貼らなくてはいけなくて、おかしくなるかと思いましたよ本当に。

店舗せどり・Amazon転売というのは、やった事の無い人からすると華やかな世界かもしれませんが、【労働している感】が本当に強いので、僕みたいに『ラクに楽しく儲けたい』という人には合わない手法でした。

ですが、『ネットビジネスで稼ぐ』というのは、あながち間違いではないなと気づかせてくれたのが店舗せどりでした。

古着転売との出会い

そんな店舗せどり転売生活のさなか、新しい情報を得ました。

【古着転売】

文字通り、古着を転売して利益を得ていく手法でした。

僕が驚いたのは古着転売の持つ利益率の高さです。店舗せどりでは利益率30%を越えると高利益率とされていた中、古着転売は利益率60%以上が当たり前。中には1000円で仕入れて1万円以上で売れる場合もある!という事でした。

この手法については、聞いた瞬間に

すばる

(あ、これは本物だ)

と分かったのを覚えています。

というのも、僕は古着や、中古のお買い得な物が好きでよくリサイクルショップに行くのですが、リサイクルショップで古着を見ていると(え?このアイテムがこの値段?でもサイズ合わなくて着れない!惜しい!)という事がよくあったからです。

この【え?このアイテムがこの値段?】というアイテムを集めて、売っていくんだな。それは確かに利益が出るな!

と、一人でまたもや興奮しました。

そして古着転売の上記の情報を発信していた方に連絡を取り、古着転売の全てを知る為にコンテンツを購入しました。

こんな簡単に稼げるの?-サラリーマン時代の自分に教えたい-

古着転売のコンテンツを読み進め、理解し、実際に仕入れに行き、販売する。

…ごめんなさい。今からYOUTUBE等の広告にあるような事を言います。

「え!?たったこれだけの作業で月収30万円!?」

「業界騒然!嫌な上司の元で8時間労働しなくても稼げる方法がある!!」

本当にこんな気持ちでした。

サラリーマン時代の僕を、救いたい。

結構本気で驚きました。古着転売、ブルーオーシャンすぎます。

  1. ツール頼りでは無く、コンテンツ化した知識を元に仕入れる為、飽和しない。
  2. 中国輸入は、中国のメーカーが日本のAmazonに直接出品し始めて利益をとるのが難しくなっているが、古着転売のライバルは国内にいるセラーのみ。【古着】というデカすぎる市場をたった100人程でシェアしているので、値下げ変更合戦などにならない。
  3. 【商品価値】を想定よりも高めるノウハウがある為、相場があってないような物。やりたい放題。
  4. 他の転売を寄せ付けない圧倒的な利益率の高さ。少ない資金(一万円程)からでも始められる、転売初心者にコミットしたノウハウ
  5. 【トレンド古着を安く買える場所】を共有しているため、安く買って高く売るという再現性が非常に高い。

文字通り【稼げる】理由をあげたらきりがありません。

上にも書いてある通り、この素晴らしい情報をもっと早く、サラリーマン時代のすばるに教えてあげたかったなーという気持ちでいっぱいになりました。

自分では信じない【鬱】という現実-サラリーマン-

サラリーマン時代。大変な、人間関係が大変な部署に放り込まれた事がありました。

そこは非常に少人数で、きちんとした命令系統があるわけでは無く、どこかお互い『自分が上だ』という意識を持っている部署でした。

そこですばる、ちょっと目をつけられてしまい、結構やられました。毎日会社に行くのがつらくてつらくてたまりませんでした。

月曜日がしんどかったのを覚えています。

気付いたら自宅と会社の往復になっていました。笑う事も無く、食べる事もしたくなくなり、なぜかドライフルーツのマンゴーと、駄菓子のすだこを毎日、何カ月と夕飯に食べ、映画を1本か2本観て寝るというルーティーンになっていました。楽しいと思って観てはいなかった気がします。映画の中の点を見ていたような気持ちです。

友達の連絡も返す気になれませんでした。その時期の事をいまだに「蒸発したかと思った」等とふざけ半分でからかわれたりもします。

今考えれば、いくらでもやりようはあったと思うんですけどねー。無知って怖いです。

病院に行ったのは逃げでした。どうしようもなくなった時、自然と病院へと足が向いていたと言っても過言ではありません。

病名は『うつ病』

でしょうね。という感覚でした。この状態が鬱じゃないならなんなんだよと。

でも僕は未だに誤診だとも思っています。僕の想像していた鬱の状態よりかは全然マシだと思っています。僕は全然まだまだやれるぞっていう感覚がどこかにありました。

すばるが情報発信をする理由

僕がサラリーマンだった頃の自分に会ったら言ってあげたい言葉があります。

「逃げたっていい。逃げた先で頑張ればいい。」

無知って怖いです。会社が全てだと思っていました。【会社をやめたら人生終わる】そんな風に考えていました。

ですが違います。人間、会社をやめたってどうしたって、自分に付加価値をつけさえすれば、いくらでもやり直しが効くんです。

僕は、サラリーマン時代の僕に会う事は出来ません。ですが、当時の僕みたいに困っていたり、悩んでいたり、苦しんでいたり、焦っていたり、消えたかったり…そういう人達の人生を変えるきっかけになれるんじゃないか、と思い、こうして筆をとりました。

あなたの人生に僕が価値を付けます

このブログが、文章を読んでくれているあなたの人生の転機になる事を祈念致します。

勿論【お金が好き!楽して稼ぎたい!】という今の僕みたいな人も熱烈大歓迎!です。

『ダメな理由から探す人生』を一緒に終わらせましょう。

やれば、必ず変わります。まずはやりましょう。

古着転売無料マニュアルプレゼント中

【メルカリ特化型古着転売マニュアル】をLINE登録者限定で無料配布中

友達追加ボタンを押してください

LineIDから検索される場合はコチラ↓

LINE→575lrwvf

ゴ ナナ ゴ エル アール ダブリュー ブイ エフ